12/3 公演1日目・初回

 

この日の朝から司城が合流。
学会で神戸へ行き、熊本へ帰って来て、3日の朝から宮崎へ。
「早朝に出発することになると思うので、その時に全員のLINEが鳴ったら迷惑だと思うから、実況報告はtwitterでします。」
という言葉通り、twitterで報告しながら宮崎に来てくれました。
お気遣い、ありがとう。
おかげでギリギリまで寝たよ。

 

北村は前日の夜遅くまで、時代劇を観ながら衣装を縫ったりしていたため
マジでギリギリまで寝ていて、完全なるスッピンとジャージ。
後にこの姿を見ていた坂口さん(若手の会/劇団一時企画)から
「3日の朝、超疲れてましたよね?」と突っ込まれました。
隠す努力もしていなかったということですね。
いやはや、お恥ずかしい。。。

 

◇◇◇

 

新鮮市参加のオズチームの皆様にもご挨拶し、身なりを整え、いざゲネプロへ!
この日、初めて出演者全員揃いました。笑

 

多分去年までだと、私めちゃくちゃ焦ってたと思うんです。
「……え、本番まで全員そろわないの?嘘でしょ?」と。
でも、なんでしょうか。
人間として余裕が生まれたんでしょうか。
「多分、それでも大丈夫」
という根拠の無い自信がありました。

 

だって熊本でも宮崎でもちゃんとやってきたし。
時間が無い中、それぞれの地で自主稽古してくれたし、
夜中まで一緒に稽古したりもしてきたし。

多分、大丈夫。

絶対、大丈夫。

 

……あ、根拠ありますね(笑)
やることやったから、後悔は無いかな。

それでもやっぱり全員揃うと嬉しかったです。

 

▼ゲネ前・身なり整え中の女子3人。
正直、ヒドい。
アラサー感が出まくっている。
今からファンタシーとかやるような人たちには見えない。

 

 

熊本組、というか主に私がガッタガタでしたが、ようやく全貌が見えました。
最後の調整の時間、いただけたことに感謝です。

 

その後ダメだし&早通し。
その間も何人かはオズチーム参加のため、引き続きゲネプロ。

彼らは本当にすごいなと思います。
「せっかくのお祭りだから」とこちらにも無理やり引き込んでしまいましたが、
きっといろいろキツかっただろうな、と。
それを口には出さずにやってくれた彼らには本当に頭が下がります。

 

◇◇◇

 

公演初回。

 

▼公演前。
なんか、みんなのちょっとゆるい雰囲気の、
この写真が、私大好きです。

 


◇◇◇

 

公演終了後、新鮮市恒例のみんなでの「合評会」
お互いの作品に関しての意見交換会ですね。


オズチームとクリンク出演者全員で輪になると50人ほどの大きな輪に。
会場の練習室いっぱいの大きな輪。

この企画にこれだけの人が関わっているというのを改めて目で見ると
本当にすごい企画だなと思います。

 

そして何より、オズチーム、若い。
いや、若手の会の企画だからまあ若くて当然なんでしょうけど。
高校生と大学生がそのほとんどを占めていました。

去年「走れメロス」で私たちが新鮮市に参加したときに
「絶対私たちが一番ジジババ集団だ」と言ってたのを思い出しました。

やっぱり今年もそうでした。

 

お芝居を観に行ったら、もちろんアンケートは書きますが、
相手に対して感想を言ったり、質問ができたりする時間っていうのは
本当に貴重だし、これが新鮮市のひとつの特徴のようにも感じています。
なくしちゃいけない時間ですね。
宮崎の高校演劇事情も聞けて、すごく興味深い時間でした。

 

→につづく

  • -
  • 23:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://withaclink.jugem.jp/trackback/520

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM